NOSAI都城

NOSAI都城

トップページ  > 職員からのメッセージ
トップページ 組合の紹介 NOSAIとは 組合の機構図 事業案内
家畜共済 建物共済 農機具共済 園芸共済 農作物共済 畑作物共済
職員からのメッセージ 採用実習案内について 獣医師募集

平成29年度の獣医師採用試験(平成30年度採用)については県下統一となっておりますので、下記のホームページをご覧ください。

http://www.miyazaki-nosai.jp/recruitment.php


一般職募集

平成30年度職員採用試験受付は終了いたしました

学生臨床実習

NOSAI都城では、学生臨床実習の受入れをしています。
「獣医学部(学科)学生の臨床実習実施要領」に基づいて、申し込みをしてください。

獣医学部(学科)学生の臨床実習実施要領

都城農業共済組合

1.目的
獣医関係大学及び学生から要望の強い大動物の臨床実習について、組合が計画的かつ組織的に受入れ、 この実習を通じて獣医学部(学科)学生に対して大動物臨床実技の習得と家畜共済事業の役割及び 本組合等家畜診療所の実態を広く理解せしめ、将来の産業動物臨床獣医師確保に資することを目的とする。

2.実習対象者
大学の獣医学部(学科)に在籍する学生で、主任教授の推薦するものとする。

3.実習内容
本組合家畜診療所の獣医師の指導により、家畜診療業務の概要および大動物臨床実技を習得させる。

4.実習時期及び期間
実習時期は申し込みのあった随時とし、期間は原則として14日間とする。

5.本組合は、次の手続きにより実習希望学生を受け入れる。
(1)実習希望学生のある大学は、様式例1の「実習申込書」を本組合に提出する。
(2)本組合は(1)により対象実習生を決定し、様式例4の「承諾書」で大学に報告する。
(3)大学および実習生は本組合の通知に基づき様式例2及び3の「実習依頼書」及び「誓約書」を作成し、本組合に提出する。

6.実習に要する経費
実習に要する旅費、宿泊費、その他すべての経費については、原則として実習生の負担とする。

7.傷害保険の加入
実習中の不慮の事故に備え、本組合は実習生に期間中の傷害保険に加入させることとし、掛金は実習生の負担とする。 ただし、すでに学生障害保険等に加入している場合はこの限りではない。

<参考例> JAの普通傷害共済
保険料:2,673円
保険期間:15日間
傷害保険期間:死亡…1,000万円
入院…5,000円/日
通院…3,000円/日

8.実習期間中の事故
実習期間中の自動車事故、その他の不慮の事故については、受入れ診療所等はその発生防止に努めるものとするが、 万一事故が発生した場合はその責を負わないものとする。

9.レポートの提出
実習生は、実習終了後、本組合あてに実習レポートを提出するものとする。
ただし、その形式は自由とする。

10.実習生の遵守すべき事項
(1)実習生は、実習先への出発及び終了時に主任(担当)教授に連絡し、必要な指示を仰ぐこと。
(2)実習生の都合による実習の中止、または実習診療所及び期間の変更は原則として認めない。
(3)予め受入れ診療所等に通知した到着日時などを遵守すること。(やむを得ず変更する場合は、受入れ診療所等に連絡し、事前に了承を得ること。)
(4)実習先へ到着後、指導獣医師の指示を仰ぎ、地元農協等で7の「傷害保険」加入手続きをとること。(事前に加入していない場合のみ)
(5)白衣、長靴、聴診器、その他日常衣服、印鑑、日用品等は携行すること。
(6)実習生が故意又は重大な過失により、施設、器具等を破損した場合は、実習生本人が弁済の責を負うものとする。
(7)実習生は、指導獣医師等の指示に従い規律ある行動をとるものとし、それが乱れる時は、実習を中止させることもある。

提出用書類一式ダウンロード PDF

損害防止 共済シミュレーション(準備中) リンク
|トップページ
組合の紹介 NOSAIとは 組合の機構図 事業案内 事業実績及び予定計画
損害防止 広報誌の紹介 獣医師採用情報 職員採用情報 共済新聞について
本所集中管理について リンク |共済シミュレーション 更新履歴
Copyright 2017 © NOSAI 都城 All Rights Reserved.